キリ番520000 

ラタトスク・プロモ第2弾 

ラタトスクプロモ第2弾

声優コメント(下野紘、釘宮理恵)

台詞まとめたけどね! あくまで耳コピだからね;

エミル「勇気を・・・夢を叶える魔法。
あなたが大樹カーラーンの精霊、ラタトスクですね?」

テネブラエ「ラタトスク様は、大樹カーラーンで繋がれた異界の扉を守る守護者でした」

マルタ「先にひどいことをしたのは神子の方じゃない。
世界再生のためにパルマコスタを見捨てて!」

エミル「僕、ロイドを捜します。そして・・・両親の仇を討ちます。
なぁ、天罰ってのを与えてみろよ。この俺様によぉ!」

マルタ「それじゃ、どうやら私がエミルを守るナイトになりそうだなv」

リヒター「必要以上に謝るな。豚になりたいのなら止めないが」

エミル「遊びは・・・終わりだ!」
マルタ「エミル、行くよ!」

コレット「御許に仕えることを赦したまえ・・・」(ホーリー・ジャッジメント)
プレセア「これで・・・終わりです!」(緋焔滅焦陣)
リーガル「逃がさん!」(牙連絶襲撃)
しいな「私の力を見せてやる!」(風塵封縛殺)
リフィル「かの者を打ち砕け!」(セイクリッド・シャイン)
ジーニアス「これで最後だ!」(インディグネイト・ジャッジメント)
ゼロス「くらいな!」(シャイニング・バインド)

アリス「いじめてあげるv」
デクス「ふっとびな!」
ブルート「愚か者に王の裁きを・・・絶望しろ!」

エミル「ロイド・アーヴィング。あなたは・・・あんたってやつは!」

エミル「俺にラタトスクの騎士として自分を守って欲しいと言った。俺はその通りにしている! 何が気に入らないんだ!」

デクス「アリスちゃん。君の王子様、デクスだよ」
アリス「可愛い女の子の腕をへし折るの、だ~い好きなのv」
ブルート「正義の目的のためなら、手段など構わぬのだよ!」

エミル「マルタが思い描いてる理想の僕と、ホントの僕は違うけど」
マルタ「君が君だってこと、変わらないよ。ちょっぴり恐がりだけど、優しくて一生懸命の君だってこと」

リヒター「エミル、聞こえるか。今すぐラタトスクの騎士をやめろ」

ロイド「これが・・・お前の選んだ方法なら」
マルタ「それなら・・・ラタトスク!」

コレット「エミルとマルタだから、友達でいたいんだよ」
ゼロス「フッ、熱くなるなよガキンチョ」
しいな「そうさ、だからちょっと懐かしいね」
リーガル「かつてロイドが、私を救ってくれたようにだ」
ジーニアス「もちろん僕たちも知ってるよ。ね?」
リフィル「準備はいいわよ」
プレセア「私も・・・協力します」

エミル「弱虫のエミルに、初めて勇気をくれた人だから。
さぁ行こう、マルタ。僕らの旅を終わらせよう」

しいなの秘奥義キター!! 夢が現実になった・・・(感涙)
プレセアの秘奥義が緋焔滅焦陣の方でビックリ! ありがとう><
ゼロスもシャイニング・バインドの方かよ! クラトス涙目w
エミル見てたら、激しくハプティズム思い浮かんだ。あと、シン・アスカ。
マルタ格闘技カコイイ!!
桜庭曲最高!!
アリスとデクスはやっぱツボったw

結論。久しぶりにテイルズに本気で興奮した。
関連記事
[ 2008/05/24 00:09 ] テイルズ | TB(0) コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
コンテンツ
検索・カテゴリ・新着
管理人プロフィール

御影ビギ

管理人:御影ビギ
兵庫県在中の自己中管理人。
ビギについて詳しくはこちら
リンク、ブックマークは下記アドレスにお願いします
http://b--m.com

管理人宛メールフォーム
連絡・要望お気軽にどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
過去ログ